口臭ケアグッズを使うタイミング

このコラムをシェアする

デンタルフロスは口臭ケアの必需品

うがい薬や口臭予防の薬液、歯磨き粉やデンタルフロスなど様々な口臭ケアグッズがありますが、その中でも外せないのはデンタルフロスです。
特別な病気でもない限り、普通の口臭の原因は食べカスなどの歯垢になります。いくら丁寧に歯ブラシで磨いていても、歯間の汚れまでは中々とりきれません。デンタルフロスはそうした歯間の汚れをとるのに最も効果的なものになります。フロスの入れ方も、ただ歯間に通すだけではなく、歯と歯の間の汚れをこそぎ取るようなイメージで、使っていきましょう。歯ブラシだけとはまた違う爽快感が得られるのでお勧めです。
デンタルフロスにも、糸ようじのような形をしているものから歯ブラシのように柄が付いているもの、そしてお馴染みの糸を引き出すタイプのものなど様々な種類があります。色々試してみて一番使いやすいものを使ってみてください。

口臭ケアグッズを使うタイミング

いくら強力なうがい薬やマウスウォッシュでも、歯磨きの代わりにはなりません。
こうした口臭ケアグッズを有効に活用するためには、やはり丁寧に歯磨きをした後に使用することが大前提になります。
歯磨きをしないで放置しておくと、歯垢がたまり、まるでドブのような匂いがしてきますが、そこをいきなりマウスウォッシュでゆすいだところで歯垢が消えるわけではないのです。
こうした口臭ケアグッズは、あくまで歯磨き後のケアですので、歯磨きをしていない状態で使っても、一時的に爽快感を得られるだけのものです。
しかし食後などすぐに歯磨きができない時に口の中をマウスウォッシュで軽く流すのは有効な使い方と言えると思います。あくまで一時的なものと考えて使用する分には便利な口臭ケアグッズになりますので、携帯しておくと良いのではないでしょうか。