口臭は口腔内だけが原因ではない

このコラムをシェアする

過度のストレスも口臭の原因になり得る

口腔内は全身につながっているものになります。
ですので、過度のストレスにより胃を痛めている場合でも、口臭が発生することがあります。
この場合はいくら口腔内を綺麗にしても、その匂いの大元が胃になりますのでそこを改善しないと治すことはできません。
毎日しっかり歯磨きをして口臭ケアグッズも欠かさず使っているのに口臭が消えないと感じたら、ご自分の生活習慣やストレス具合をチェックしてみてはいかがでしょうか。
過度のストレスにより、甘いものを食べ過ぎたり飲み過ぎたりしていないか、睡眠時間が足りているかどうかなど、生活習慣を見直してみると、改善への道が拓けてくるかもしれません。
その他にも心筋梗塞や糖尿病など、意外な病気が潜んでいる場合もありますので、あまり口臭の改善が見られないようでしたら、一度歯科医に相談してみるのも良いのではないでしょうか。

腸内を綺麗にすることで解決する

もし、口臭の原因が何かの病気からくるものだとしても、単純に歯垢のせいだとしても、様々な体調不良の原因は、腸を綺麗にすることで大分改善されます。
そして腸を綺麗にするのに一番有効な方法は、ミネラルが豊富なお水を毎日飲むことです。
水分を多く摂ることで体内の老廃物が排出され、腸内にこびりついた汚れが綺麗に取れてくるのです。
血流も良くなりますので動脈硬化も防げますし、血糖値も正常になってくると思います。
よく、お水を飲むことはダイエットに良いと言われていますが、それは結果論であって、ダイエット目的で飲むというよりも腸内のお掃除をする目的で飲むほうが継続でき習慣化されて良いと思います。
お水を飲みすぎると水太りするという人は、少しずつ飲む量を増やして腎臓の働きを正常に戻していきましょう。
腸内を綺麗にするとお肌も綺麗になってくるので、口臭が気になる人も気にならない人も、やってみて損はしないと思います。